Nakadomari Lab.

ミュージシャンNakadomariの公式ウェブサイト

旅の知らせ第4回:石清水八幡宮

2019年3月8日、折り畳み式自転車ナカナカ号(本日命名)で大阪市から京都府八幡市の石清水八幡宮まで行ってきました。





実は淀川河川敷のサイクリングロードは八幡市の方までずっと続いていて、さらに別のサイクリングロードに乗り換えれば嵐山までほとんど一般道を通らずに行けます。

当初は嵐山まで行こうと思っていましたが、途中で汗だくになり、まさかのデニムのお尻の部分がびしょぬれに…笑
ってことで、とりあえず淀川サイクリングロードの終点にある「御幸橋(ごこうばし)」を目指します。





サイクリングロードは枚方市あたりから一気に雰囲気が変わり、こんな感じでとてものどかです。右手にある舗装された道路が自転車道ですが、歩行者も通れます。車やバイクは禁止されていますが、この日は淀川河川敷全体でいろいろと工事をしていて、そのための車両だけ例外的に通っていました。





風景はのどかですが、めちゃくちゃ風が強かったです。そのため、所々自転車を降りて歩いていました。

ちなみに行きも帰りもひらパーの観覧車が見えました。エキスポシティの方が大きいのかな?





「御幸橋」に到着。家から河川敷までを除いて、ここまで一般道を通らずに来れました。車も信号もなかったのでひたすら自転車で進むだけ。

ただ、淀川河川敷に行ったことがある人なら見たことがあると思いますが、バイク進入禁止のポールというかトラップみたいなのがあって、そこは自転車が通るのも大変なんですよ。それだけちょっと苦労しましたが、朝10時に出発して2時間くらいで到着です。

元々はここが八幡市だと知りませんでした。途中まで嵐山が目的だったので、デニムびしょぬれ事件が起こってからはとりあえず淀川サイクリングロードの北端を目指すことにしたんです。

ところがすぐそこに八幡市駅があることを知り、ということは石清水八幡宮も近いので、そこに行くことに。





自転車を八幡市駅の有料駐輪場に止め、てくてく歩くと石清水八幡宮の「一の鳥居」のところに到着。連れてきたクマのブラウンくんと記念撮影。
ここから「表参道」を通って山の上の本殿を目指します。ケーブルもありますが、足腰に問題なければ歩いて行くのも楽しいですよ。





山から見える風景は撮っていませんが、結構高いです。展望台があるくらいなので。ブラウンくんは初めての髙さにビビり気味。





表参道はもう一つのルートより比較的緩やかな階段が続きます。緑がいっぱいで気持ちいいですよ。





本殿の前に着きました。平日ということもあり、人はほとんどおらず。
社務所はちゃんと開いていました。





国宝と言うことでブラウンくんと記念撮影。眉のあたりを見るとわかりますが、汗だくです笑
帰り道はもう一つのルート、裏参道を通っていきました。





傾斜がすごい階段が続くので、このルートには僕以外誰もいませんでしたが、途中にあった竹林は立派でした。
あと、こういうのは大体ハードな道の方が早く目的地に着くもので、こちらも例に漏れず裏参道を通って戻ると表参道の半分くらいの時間で下に着きました。行きは表、帰りは裏参道がお勧めです。

帰りは風があまりなかったので、1時間40分くらいで帰宅。

当初の目的地だった嵐山には行けませんでしたが、快晴でとてもいい旅になりました。



コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。