Nakadomari Lab.

ミュージシャンNakadomariの公式ウェブサイト

放送大学授業レビュー第21回:日本の近現代(’15)

僕は日本の中世までは結構得意なんですが、近現代の複雑さが苦手なので、それを克服すべく取ってみた授業です。結果的に近現代史が得意とまではいきませんが、苦手意識はだいぶ薄れました。

この授業では日本の近現代史を庶民の生活にもフォーカスを当てながら概観していきます。これが僕にとってはありがたかったです。

というのも、高校レベルの日本史ってなんだか政治的な出来事を羅列しただけで無味乾燥じゃないですか。でもそれが庶民、国民の生活にどう影響したのか、または影響していなかったのかなどをこの授業では知ることができます。

さすがに知識ゼロだとしんどいと思いますが、「高校の歴史の授業、覚えてはいるけど苦手だったな…」ぐらいの方なら取ってもいいでしょう。


コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。