Nakadomari Music Lab.

ミュージシャンNakadomariの公式ウェブサイト

音楽研究第3回:手段と目的を越えた音楽とは?

「インターネットが世界を変えた」という文言は、もはや陳腐とも言えるぐらいの共通認識を述べたものでしょう。「音楽」もインターネットの影響でだいぶ様変わりしたと感覚的に捉えている人は多いかもしれませんが、具体的にどのような変質を起こしたのか、手段と目的という点に着目して考察します。

手段と目的

もはや音楽は手段でも目的でもない、柔軟で変幻自在なものです。しかし、そもそも手段や目的とは何でしょか。手段とは言い換えると「道具」と表現でき、何かを達成する際に用いるもの、そしてその「何か」が目的に相当します

音楽でいうと、たとえば好きなアーティストの歌唱の背後で演奏を担当している楽器はその歌唱を彩る手段と見ることができます。そうなると、ライブではアーティストの歌唱を聴くことが目的になります。でも、事はそう単純ではありません。

ソロアーティストなら確かに楽器や演奏者は手段の役割を占めるかもしれませんが、有名バンドやオーケストラのコンサートでは楽器を聴きに行く、すなわち楽器が目的となることもあるわけです。それが必ずしも音楽マニア、楽器マニアの間で起こる現象ではなく、広く一般に発生するのが「音楽」かもしれません。

インターネットと「置く」音楽

先ほどは「音楽」の構成要素から楽器を取り出しましたが、楽曲という意味での音楽こそ、インターネットによって手段と目的を超越したものではないでしょうか。

オンラインでは音源そのものを「置く」ということが可能です。具体的には、YouTubeやSoundCloudに公開設定で楽曲をアップロードすることで、そのページにアクセスできれば世界中の人々が楽曲を楽しむことができます。

しかもインターネット上の楽曲は必ずしも明確に「創作物」として置かれるわけではなく、動画広告のBGMのように知らず知らずのうちに触れるものとしても存在します。

好きなミュージシャンの音源をYouTubeで漁るように、創作物としての楽曲は目的の様相を帯びており、動画広告で耳に入る楽曲は「広告を印象づける」という手段を演じています。

さらに複雑なことに、インターネットには「作業用音楽(BGM)」というものが多くあります。勉強に向いている音楽、睡眠に向いている音楽のように、ある特定の用途に合わせて楽曲をひとまとめにしたもののことです。

「作業用音楽」を探しているとき、その「音楽」は目的になっていますが、一度鳴らし始めると「音楽」は勉強や仕事をはかどらせるため、寝付きやすくするための手段になります。

インターネットが広まる以前から、特定の目的に合わせた音楽を集めたCDは存在しましたが、それらの多くはクリスマスなどのイベントに合わせたものや、マッサージ店やヨガのレッスンでかけるヒーリングミュージックなど、オンラインに置かれた作業用音楽よりはユーザーが限定されがちなものでした。

「作業用」と銘打っていなくとも、自分でオンラインの音楽を集めて目的に合わせたプレイリストを作成することができます。そうなると、インターネットの音楽サービスに置かれたあらゆる楽曲は手段にも目的にもなり、さらに途中でその2つを行き来することもあると言えます。

ハサミは目の前に置かれていても使わなければ機能を果たさない道具、手段です。しかし、音楽、もっと正確に表すと音源は「置かれる」ことによって手段・目的を越えるようになり、「置き場所」となったのがまさにインターネットです。

まとめと議論の余地

インターネットの普及で音楽を「置く」ことが可能になり、それは単一の楽曲が手段や目的といった役割を越える現象を生み出しました。目新しいことに見える音楽を「置く」ということですが、広い意味で「音楽」を捉えるならば、店頭に置かれたCDは音源を聴く手段でありながら、「ジャケ写」や特典が含まれた目的にもなります。このようにソフトも含めて広く音楽を論じるなら、オフラインとオンラインで音楽を「置く」ことを比較検討する必要があるでしょう。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。